ピルは太らないし健康への悪影響も少ない

ピルの服用が自分にメリットが多いことに喜ぶ女性
ピルの使用を考えている女性の中で、太るという話を聞いて心配になっている人もいることでしょうがピルを服用したからといって太るということはありません。
それではなぜ太ってしまうのかというと、ひとつには食欲増進効果があり食べ過ぎてしまうことがあるためです。
つまり、太るのはあくまでも食事量が増えるからであり同じ食事を続けていれば太らないのです。
食欲が増しているのを我慢するというのは辛いかもしれませんが、ピルを飲めば太るというのではなく単純に食事量が増えるから太るということを理解しておけば体重をコントロールすることはそれほど難しいものではありません。
もうひとつ太るとされる理由としては、ピルを飲むことで体がむくみやすくなってしまうので太ったように見えてしまうということがあるためです。
これもマッサージなどをすれば解消をすることができますから、気にしすぎるようなものではないのです。

次に健康に対する悪影響ですが、これに関しても基本的には心配はなく低用量ピルとされているものは健康に悪影響がでるようなものではありません。
薬の影響というのは個人差もあるものですし、使わなくて済むのであればその方が良いものですから、使わないケースと比較をすれば多少の影響があるとしてもピルを服用することによって得られるメリット以上の悪影響があるというわけではないため、健康への影響に関しても無視していいレベルのものとなっています。
もちろん、ピルを服用することによって異常が感じられたという時にはすぐに服用するのをやめて、医師の診断を受けることが大切ですがそのような状況になることはまれなものですから特別心配しすぎる必要はないのです。

低用量ピル関連記事