ピルと抗エストロゲンと予防について

美容と健康に役立つ栄養素として注目を集めているのが、大豆イソフラボンです。
イソフラボンには、エストロゲン様作用と、抗エストロゲン様作用があります。
エストロゲンが不足した場合は、エストロゲンをサポートする働きをして、エストロゲンが過剰になった場合は、エストロゲンを抑える働きをします。
エストロゲンが働くには、レセプターが必要となります。
エストロゲンがレセプターという受け皿に入ることで、体内で様々な働きをすることができるのです。
エストロゲンが多くなると、乳がんのリスクが高まります。
大豆イソフラボンは、ホルモンバランスを整えるので、乳がんの予防にも役立ちます。
女性は、ホルモンバランスが乱れることによって、心身に大きな影響を受けます。
月経周期が乱れている時は、放置せずに早めに病院で診察を受けた方が安心です。
神経伝達物質であるセロと任は、エストロゲンの分泌量と連動しているため、ホルモンのバランスが乱れるとセロトニンの分泌も減ってしまうのです。
そうなると、イライラしたり不安を感じることが多くなります。
ホルモンバランスが乱れたサインとして有名なのが、あごや口の周りにできるニキビです。
美しい肌を作るエストロゲンが減って男性ホルモンが優位になると、肌荒れなどの症状が起こりやすくなります。
高い避妊効果で知られる低用量ピルには、ホルモンバランスを整えて肌の不調を改善する効果もあります。
生理前のイライラや生理痛にも効果的で、子宮内膜症を防ぎ、子宮体ガンや卵巣ガンになるリスクを減らすこともできます。
低用量ピルは、婦人科で処方してもらえますが、経済的な負担を考えて、輸入代行会社を利用して購入する人もいます。

低用量ピル関連記事