ピルは体質によっては合わない可能性もある

自分の身体が服用しようとしているピルと相性が良いか悩む女性 一般にピルとよばれている錠剤は、経口避妊薬という種類の医薬品であり、この錠剤を毎日服用することによって、ほぼ確実ともいえるような避妊の効果があらわれるというものです。ピルのなかには黄体ホルモン、卵胞ホルモンという、女性の身体から分泌される女性ホルモンとおなじ作用をする合成物質が含まれていますので、これが排卵を止めたり、子宮内膜が厚くなるのを防いだりして、受精や着床から守られるというわけです。こうしたピルのなかに含まれている卵胞ホルモンなどが多すぎる場合には、しばしば副作用の症状も出るので要注意であるといえます。かつての時代には、ホルモンの量が多めの中用量ピルが一般的であったために、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛などといった、副作用がかなりはげしくあらわれたものでした。現在ではホルモンの量が少なめの低用量ピルとよばれるものが主体となっているために、副作用についてもそれほどはげしくはない可能性があります。しかし、人によっては体質的にピルが合わないということがあるもので、低用量のものであったとしても、やはり吐き気などの症状になやまされることはあるものです。こうした場合ですが、最近では超低用量ピルとよばれるような、さらにホルモンの量が少ないものも登場していますので、こちらに切り替えるか、または他の銘柄を試すということが考えられます。ふつうの場合であれば、吐き気などの副作用が起こったとしても、それは一過性のものであって、ピルを服用しつづけているあいだ、数日から数週間も経過すれば、ひとりでに症状が消失するものです。そのため、ひとつのシートを服用し終わるまで待っても副作用の症状がなくならないかどうかというのが、一定のめやすとなります。

ピルのよくある副作用

ピルを服用し太ってしまったことに嘆く女性 ピルは薬のため、飲むことで副作用が起こってしまう可能性があります。
ピルの副作用として多く認知されているのが「太る」というものです。この太るには意味が二つあり、1つ目はPMSや生理痛などが酷く食欲が落ちてしまった人が、ピルを飲んで体調がよくなったことで食欲が安定したというもの。2つ目はピルに配合されている女性ホルモンの働きです。ピルを飲むと女性の身体は妊娠している時と同じようなホルモン状態になります。身体が勘違いして「妊娠中だから排卵しなくて良い」と判断することで排卵をストップさせ、精子が子宮に入って来ても受精する卵子がない状態にして避妊を行っているのですが、この時に妊娠している女性の身体は身体は水分や栄養分を蓄えようとしてしまいます。これが原因となって服用前よりも太ってしまうことがあります。妊娠中と同じホルモンバランスの状態にすることで起こる副作用としては、他に吐き気や胸の張りといった妊娠初期に見られる副作用が起こる可能性があります。これらの副作用はシートを飲み進めることで改善されることが多いと言われています。別の副作用としてニキビができやすくなったり多毛症になってしまう可能性があります。これはピルを飲むことで男性ホルモンの体内の濃度が高くなってしまったことが原因で、皮脂の分泌量が多くなったり体毛が濃くなってしまうのです。同じ種類のピルを飲んでいてもその人の体質によって皮脂の分泌量が多くなったり、減少したりすることがあります。これを解消するためにピルの中には抗男性化作用のあるものが販売されていますので、ニキビや多毛に悩んでいる人は抗男性化作用のあるものを選択してみるのも一つの方法です。

◎低用量ピルのトリキュラーを服用して避妊対策をしましょう
トリキュラーで避妊対策
◎副作用の少ない低用量ピルを手に入れるにはこちらです
低用量ピルは安全な通販サイトで買いましょう

低用量ピル関連記事